Saturday, 31 May 2014

Would I really believe in Reiki?

5月の始めに、レイキ・レベル1コースを受けてきました。

一度も施術を受けたこともなければ、実際のところそれがなんなのかもよくわからないけど、なぜかずっと気になっていたレイキというセラピー。ちょっと調べてみるもヒットするのは、いかにも外国人が書いた怪しい字体の「霊気」の文字に、やや胡散臭いミラクル話だし、そもそも手をかざすだけなんて、ねぇ?
ただ、ヨガやマッサージを通して、エナジー(気)の存在、例えばグラウンディングがしっかり出来た時に感じる宇宙との繋がりとか、ある特定の先生や生徒から感じるなんともいえない心地よい波動とか、は体感を通して「ある」と確信していたから、それをセラピーとして使う方法があるのなら習ってみたいという好奇心が懐疑心に圧勝したというわけです。

クラスメイトは、天使が見える人だとか、瞑想をするたびに色々見えるという人、ポケットからぞくぞくとパワーストーンが出てくる人だとか、ある意味期待通りの不思議な人たちが1/3、マッサージセラピストやサイコセラピスト、看護士といった類いの人たちが1/3、レシキセラピーを受けたことで興味を持って来た人たちが1/3って感じでしょうか。
先生は、「レイキってなんだかよくわかんないけど凄いんだよー、このよくわかんない感じが好きなんだよねー」と、いい感じに力が抜けてる人で、ただ盲目になにかを信じていている人は信頼ならないと思っている私にはちょうど良かったと安心しました。

レイキは経験から始まるという先生の言葉通り、最初のアチューンメントで人生最大のサイケ体験をして、とりあえずレイキがなんだかはよくわかんないけど、何らかのパワーはあるらしいということも、どうやらそれが自分の手の中にもあるらしいということも体感しました。
とはいえ、まだ私にとっては半信半疑の域を超えない感じは否めません。手から何やらびりびりとしたものだとか体温とは明らかに別の熱だとかも出てくるけれど、それで?という感じ。お腹が痛くて手を当てるとちょっと楽になるのとレイキとどう違うのかな、とかね。

衝撃体験はしたものの、ヨガのように恋に落ちた感じとはほど遠く、マッサージのように手応えもなく。これから自分の中でどう位置づけされていくのか、ある意味楽しみでもあります。

:)








No comments:

Post a Comment